子育てをちょっとだけ楽にする「うんこボタン」

144Labから「うんこボタン」なるものが登場。

ボタンを押すとその日時をWEB上に記録、さらに指定したLINEグループに通知を送るという代物。

画像: うんこボタン

2018年4月に3,600円(税込)で一般発売予定です。

実用性は?

ジョークグッズかと思いきや、そうではない。

仕様用途としては、赤ちゃんのうんち・おしっこ記録用です。決して大人用ではありません。

赤ちゃんの健康管理にうんちチェックは重要

子供がいない家庭では想像しづらいかもしれませんが、赤ちゃんのうんち、おしっこの記録は健康管理上大切なことです。

うちにも6ヶ月になる赤ちゃんがいますが、おむつ替えのたびに手書きで記録をとっています。

それによって前回はいつしたか、便秘になっていないかなど確認できるわけです。

便秘になっていたらおなかをマッサージしたりという対処をします。

ノートに手書きで書けば良いだけのことなんですが、これがなかなかそうもいかない。

ゆるゆるうんちでバッチリ漏れてたりすると、お風呂場で洗い流したり、着替えたりとものすごくばたばたします。

そしてノートに書き忘れる。

次のおむつ代えのタイミングで書き忘れたことに気づきますが、それが何時ころだったか思い出せない。

といったことがよくあります。

その点、ワンプッシュで記録が取れるならちょっと楽になるかもしれませんね。

記録の閲覧はWEB上でできるようです。

わざわざボタンにする理由

「スマホアプリ」ではなく「物理ボタン」にしたのもポイント。

スマホアプリにした場合・・・

  1. スマホを手にとってロック解除
  2. ランチャーからアプリを探して起動
  3. ボタンプッシュ!

という流れが想像できます。

一方で物理ボタンなら

  1. ボタンプッシュ!

だけ!

できるだけ「手間を省く」という目線で考えれば物理的なボタンのほうが有利ですね。

その他記録ボタンは?

赤ちゃんの健康管理で記録をとっているのは何もウンチだけではありません。

私の家では睡眠時間とミルクをあげた時間・量も毎回記録をとっています。

これらについても144Labでは準備がある様子。

プレスリリースによると

育児記録をつけるのに最適な「排泄・授乳・睡眠」ボタン3個セットを用意しました。複数台のボタンを連携させたい方に最適です。

とのこと。

各ボタンの詳細は載っていなかったのでどんなものか不明ですが、うんこボタンと同じように扱えるんでしょうね。

「うんこボタン」という尖ったネーミングですが、その実は子育てをすこしだけ楽にするもの。試してみる価値はあるかも。

Index
広告