子供にスマホは持たせるべきか?

中高生の9割がスマホを勉強に活用しているというニュースがありましたが、一方で小学生はどうか?という点についてです。

中高生の9割がスマホを使って勉強

私個人的には「スマホ禁止」という選択肢は現実的ではないと思います。

スマホを持たせるデメリット

一部都道府県の小学校ではスマホを「原則所持禁止」としているところがあるようです。

その理由としては以下のようなもの。

学力低下の懸念

子供がスマホに夢中になって勉強をしなくなる・・・。という懸念。

私が子供のころはテレビゲームに夢中になって勉強なんて後回しでした。

それと同じようなことが起こらないかという懸念ですが、確かにそうですよね。

ましてやスマホなのでいつでも持ち歩ける。ファミコンの時代とは違い、1日中どっぷりゲーム漬けになってしまう可能性もあるでしょう。

家庭内で「1日○時間まで」とルールを設けたところで、子供が外出先で使う時間はわかりません。
家にあるゲーム機とは違い、親がコントロールしきれない怖さもあります。

トラブルに巻き込まれる可能性

本当に怖いのはこちら。SNSをめぐるトラブルに巻き込まれる可能性があること。

昨今ではSNSの利用をきっかけにした事件が後を絶ちません。サービスを提供している側も対策を打つように動いていますが、まだ完全に防げるようなものではありません。

また、「事件」というレベルにならなくとも、狭いコミュニティ内での「いじめ」はよくあること。

これは親としては本当に心配なところですよね。

こういったデメリットがあることから、小学校で「所持禁止」としているところもあるようです。

スマホを持たせるメリット

スマホを持たせるメリットもあります。

先日の「中高生の9割がスマホを使って勉強」の記事でも紹介した通り、勉強に活用するということもできます。

また、自分の子供に持たせなくても周りの子たちが持っているケースが増えています。

それを考えると、「持っていない」時点でSNSのコミュニティに参加できないため、いじめにつながる可能性だってあります。

これは、「スマホを持たせるメリット」というより「持たせないデメリット」と考えるべきでしょうが。

いずれ、持たないわけには行かない状況になる

もう1点、「持たせるメリット」と言えそうなのが、早くからスマホになれるということ。

ITリテラシーにについて考えるきっかけになります。

今の時代を考えると大人になってもスマホを持たないわけにはいきません。
現時点ではスマホでなくてもいわゆる「ガラケー」で間に合うという人もいるでしょうが、今後もそうである可能性は低いように思います。

どんな仕事をするにも少なからずWebサービスがかかわってくることでしょう。スマホを持たないわけにはいかなくなってくるわけです。

そのとき、ITに全然触れてこなかった人が突然使いこなせるわけがない。

これは現在の大人たちにも言えることで、「ITリテラシー」を全く意識しておらず、SNSや掲示板等で誹謗中傷を繰り返す危険性もあります。
被害者ではなく、加害者になる可能性がある。

この点において、現在の大人は子供たちと同じレベルにあります。

極端なことを言えば、先の理由でスマホを禁止するならば、大人もスマホを禁止にしなければいけない。

しかしそれは現実的ではなく、ITリテラシーを考えながらスマホと付き合うべきでしょう?

もちろん、知識として足りない部分は大人たちがしっかりサポートしなければなりません。

それができれば子供たちは10年後、今の大人たちよりきちんとSNSやスマホの使い方を理解し、使いこなしていることでしょう。

大切なのは大人たちが考えること

現在の状況を考えると「一律禁止」というのは避けるべきだと私は思います。

それは、大人たちがめんどくさがって様々な問題点・懸念事項を考えることを放棄しているだけです。

現実問題として、小学生もスマホを持っています。

そこに発生するであろう問題は私たち大人がしっかり対策を考え、サポートしていかなければなりません。

それを「禁止」で一蹴してしまうのはいじめが発生した時に「いじめは確認できませんでした」と言い張るようなもの。

大人たちの責任として許されるようなものではないはず、と私は考えます。

まとめ

いかがでしょうか。

ITリテラシーについては今の大人の世代ですらたびたび問題になることです。

大人たちでもまともに理解している人は少ない。

そういった人たちが子供に「どう教えたらわからない」という理由で「一律禁止」ということになっているんだと思います。

しかしながら、これはスマホ普及率を考えると避けられるような問題ではありません。

考えるべきは

この記事で少しでも考えるきっかけになってくれれば幸いです。

Index
広告